スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おまいら真面目かっ!!vol.12 - 今月の担当:伊藤文乃(俳優) 

オレンヂスタで役者をするということ。


▼どうも、いとうふみのです。我々オレンヂスタ、相変わらず新入団員を募集しております。
参考までに、団員役者として、オレンヂスタについて思うところを赤裸々に語ってみようかと思いまーす。

▼えーとまず、私がオレンヂスタに所属している最大の理由をば。
それは「オレンヂスタのファンだから」の一言に尽きます。
この理由には顔をしかめる方もいらっしゃるかもしれませんが、ヂスタ作品に関わりたくて、役に立ちたくて、何より出演したくて、私は団員やっています。

▼次に、そんなわたくしの考えるヂスタに所属する最大のメリットは、
何と言っても「ニノキノコスターの演出を長期的に受けられること」
フリーでなく劇団に所属して活動するメリットとして、同じ演出家の演出を受け続けられるというのはそもそも大きいかと思いますが、ヂスタでは脚本・演出のニノさんの演出を受けられるのです!
わーい! ニノさんの着眼点、丁寧さは凄いです。本当に勉強になります。精進中です。

▼逆にデメリットは…と考えると、メリット以上に人による気がするので難しいのですが、強いて言うなら「本番直前の稽古が週6なこと」かなぁ…。
一人暮らしなので、スーパーに行けないのは困るんですよね(真顔)

▼「オレンヂスタって凄いけど、参加するのはハードルが高い」というお言葉を時々いただきます。
大丈夫です。私もそう思ってます(笑)。
団員ですけど、ヂスタのハードルはやっぱり高いです。
他の人がひょいひょい越えていくハードルも、私だけつまづいてるなんてことがたくさんあります。
つらいです。
でも、それを越える価値はあるし、越えるルートは必ずあるし、支えてくれる人もたくさんいます。
いやほんとに。

▼ということで、新入団員、募集中です!
稽古見学も随時受け付けています。
稽古見に行ったら入らないと気まずいとか、そういうことはないですよー。
10月には3都市ツアーやります。次回本公演のビジョンも見えつつあります。
オレンヂスタで一緒に芝居やりませんか。
ハードル越えちゃいましょう。お待ちしてます。


伊藤文乃(俳優)
【主な参加作品】
『サ×× ド・オブ・ミュージック』土門カオ役
『白黒つかない』高瀬知佳役
『ベッドサイドのヴァリアシオン』妹/車田飛鳥役
スポンサーサイト

 おまいら真面目かっ!!vol.11 - 今月の担当:今津知也(俳優) 

ひぐらし、
パソコンに向かいて


温かいカフェオレを飲みながら。心を落ち着かせようと。

本当はキンキンに冷えたビールなど飲みたいなと思考が飛びながら。

月刊ヂスタの原稿がちっとも思い浮かばないのだ。

元来私はこういった原稿を書くようなことが得意ではない。夏休みに読書感想文を書かねばならないところから憂鬱は始まり、大学に通っていた頃もあったが論文だのレポートだのというものにはいい思い出がまるでない。演劇に傾倒してからは役者や照明などに機会が恵まれ、文字を並べることに頭を悩ませることはなくなった。

と、恥ずかしい話を呟きながらカフェオレを飲み干す。

そうしてふと思うのだ。じゃあ何故また頭を悩ませる事態になっているのだと。

オレンヂスタだ。

オレンヂスタという劇団に所属しているからこんな事態に。

しかしそう考えるとありがたい。劇団があるから、仲間がいるから、決して得意でもないことにわざわざ腰を上げるのだ。一人でいては考えもしないような挑戦の機会を与えてもらっている。得意ではないのに託してくれる。

じゃあそうだ、仲間たちのために書こう。もう大丈夫だ。私は意気揚々と冷蔵庫からよく冷えた烏龍茶を出してきた。

しかし勢いがあったのもペットボトルの蓋を閉めるまでだ。

そもそも何もない。先月号から今までの間、劇団としてのイベントが何もないのだ。去年は久しぶりの本公演がツアーで、単独では初の県外公演。その興奮冷めやらぬままミソゲキという一大イベントを乗り切った。そうして二ヶ月。特に何もない。いよいよに控えた本番も、ない。

また呆然とする。

困ってしまうと、いかにもわかりやすくボリボリと頭を掻く。

逆に頭が痒いからいけないのではないか。そこに至った私はシャワーの蛇口をひねり、シャンプーを泡立てる。洗顔もする。オレンヂスタの俳優陣は清潔感も大切にしている。シャワーを浴びていると心も洗われる。自分にはどこか気取っていた部分があったのではないか。体の埃を落としながら、もっと泥臭く行こうと省みる。

当劇団は筋トレをしている。黙々と体幹を鍛えている。瞬発力を鍛えるサーキットトレーニングでは胸筋の足りなさを痛感している。延々と続くジャンプでは翌日ふくらはぎが悲鳴を上げる。そんな地道なトレーニングを一緒にやってみようかなという仲間を募集しようか。春には実践的なトレーニングも始まるかもしれない。


今津知也(俳優)
【主な参加作品】
『犬殺しターくんと非実在チーちゃん』般若村千里役
『白黒つかない』石川聡役
『ベッドサイドのヴァリアシオン』兄/車田昴役

 おまいら真面目かっ!!vol.10 - 今月の担当:浦麗(俳優) 

真面目か写真vol10
写真:ミソゲキ2014舞台写真

2015!
オレンヂスタ
新年活動スタート!


▼みなさま、ご挨拶が遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。
お雑煮は焼きもちより煮てトロトロになったのが好きな浦麗です。
厳しい寒さであったりそうでもなかったりとの年末から今年にかけて、いかがお過ごしでしょうか。
お元気でしたら何よりです。

▼われわれオレンヂスタは、2014年は本公演、年末イベント・「ミソゲキ」への参加とふたつの作品をお届けしました。
各メンバーも精力的に他劇団への参加、プロデュース公演への参加などをしてまいりました。
すべてがオレンヂスタ、またメンバー個人の2015年へつながる活動になったのではないかな?と感じております。
わたし個人としては、2014年後半はおやすみの年でしたので、2015年に向けてメンバーたちの活動、活躍をみて、大変心強かったのです!

▼2015年はオレンヂスタの本公演の予定はありませんが、
各自の活動はよりいっそう活動的になっていきますので、あたたかくあつく見守ってくださると嬉しいです。
(詳細等は、活動情報コーナーをご覧ください)

▼2015年最初のオレンヂスタの活動は新年会&新年会議&ニコ生!ニコ生は2014年から継続して放送しておりましたので、新年の第1回に参加出来て幸先いいかんじです!
オレンヂスタは忘年会はしないので、2014年の反省からスタートした新年会ですが、
毎度恒例の手料理持ち込みで(オレンヂスタは料理好きが多いのです!)ボリュームたっぷりな会になりましたことをこちらにてご報告申し上げます。

メンバーと演劇の話をするのはたのしく、すてきな時間なのですが、
演劇以外の話やメンバーの私生活の話などを聞くのも毎回新鮮でたのしいですね。

▼もちろん! 単なる新年会では終わってません!
今年の目標を各々たてて、そのために今年1年どんな年にするべきか?
どうしたらみなさんへより良いオレンヂスタをお届けできるか?
と意見を出し合いましたよ!

2015年を迎えたばかりですが、有意義な1年を過ごし、
2016年にはまたひと味ちがうオレンヂスタをみなさまにお届けできたらな、と考えております。

▼それでは、みなさまにとって素晴らしい2015年になりますように!

愛をこめて 浦麗


浦 麗(俳優)
【主な参加作品】
『臨界突破ボルチニコフ』 処女野小夜子役
『放課後クローズド・サークル』半田桃子役
『サ×× ド・オブ・ミュージック』土門レオ役


 おまいら真面目かっ!!vol.9 - 今月の担当:山田電機(スタッフ) 



写真:稽古風景。誰が何をどうしている図なのか…!?

ここではない、どこかへも

秋をあまり感じる暇もなく冬が訪れる中、いかがお過ごしでしょうか?
どうも、オレンヂスタでスタッフをやっている山田電機と申します。

早いもので、オレンヂスタの第6回公演「白黒つかない」が終了して2ヶ月が経ちます。
しかし団員は感傷に浸る暇もなく…というのは言い過ぎですが、公演終了後も日夜演劇に関わっています!
かく言う僕も、「白黒つかない」が終わってすぐに違う現場で舞台美術をやっておりました。
その現場では、「白黒つかない」に関わっていた人たちが多くいたとかいないとか…。

そう、オレンヂスタの団員はオレンヂスタ内だけでなく、様々な場所で演劇活動や創作活動に関わっております!
客演はもちろんですが、他にも各種スタッフ、他劇団のアフタートーク、はたまた演劇以外にも裾野を広げて活動しております。
最近は落語とかもありましたし、今月は写真展のモデルというのもありますね。
毎月の客演情報は、月刊ヂスタの下部を要チェックや!
僕は最近までオレンヂスタ以外にあまり関われていなかったのですが、今回久しぶりに舞台美術をやらせてもらったのをきっかけに、もう少し外部に出ていこうと思います。
もし舞台美術をはじめとしたスタッフでお困りでしたら、是非ともお声をおかけください!

さて、そんなオレンヂスタは年末にミソゲキを控えております。
僕は今回舞台美術、小道具といったスタッフをやっております。
ありがたいことで既にチケットが売り切れているようですが、観に来られる方は年の暮れを存分に楽しんでいってくださいね!


山田電機(スタッフ)
【主な参加作品】
『煉獄赤提灯午前三時』舞台美術
『犬殺しターくんと非実在チーちゃん』舞台監督補佐
『白黒つかない』舞台装置



 おまいら真面目かっ!!vol.8 - 今月の担当:マダム(演出助手) 

舞台写真
写真:『白黒つかない』舞台写真

旅を終えたら
大冒険?


 皆様こんにちは。オレンヂスタの演出助手、マダムです。
観劇前に折込みチラシでこの文章をお読みの方、舞台楽しみですね。ひとときの暇つぶしのお供になればと思います。

▼第六回公演「白黒つかない」名古屋、大阪での公演を無事に終えることができました。
応援、お力添えいただいた皆様ありがとうございます。
今回がオレンヂスタ初の、名古屋以外での公演でした。
これまで企画参加や合同公演という形では県外公演を経験していましたが、やっと「オレンヂスタでございます」と言って劇団の本公演を持って行くことができました。

▼今回は、これまでの私たちとは作風をがらりと変えた作品でした。
果敢に挑んだ身体表現によって伝えたかったニュアンスは、少なからずお客様に届いていたようで、それが何よりです。
それこそ、このコーナーのタイトルの通りで、皆が真面目に話し合ったりアイデアを出し合ったりしたことがこの成果につながっています。
中でも客演していただいた大先輩の方々の視点、気づき、取り組みが、全体に大きな影響を与えてくださいました。

▼次回オレンヂスタの公演は、年末のミソゲキです。
今回の公演を踏まえて、この方向でさらに新しい試みに挑戦していきます。オレンヂスタの大冒険。冒険してる作品は見に行くのにも勇気が要りますが、ミソゲキは4団体セットで見られますので、他の団体さんのついでにでも気軽に楽しんでいただけます。

年の瀬のお祭り気分の中、一緒に大冒険しませんか?


マダム(演出助手)
【主な参加作品】
『犬殺しターくんと非実在チーちゃん』演出助手
『サ×× ド・オブ・ミュージック』演出助手
『白黒つかない』演出助手

 おまいら真面目かっ!!vol.6 - 今月の担当:伊藤文乃(俳優) 

稽古場写真
写真:明るく元気で親切丁寧、笑顔が絶えない稽古場です!


オレンヂスタが
拓く新境地☆
それは意外とすぐ側に。


▼おはようございます、おつかれさまです、いとうふみのです。
オレンヂスタとのおつきあいはRe:旗揚げ公演にスタッフ参加してから&入団したのだってもう3年も前なのですが、オレンヂスタの舞台出演は『白黒つかない』で二回目という、比較的レアな団員役者です。
12ヶ月連続Ustream公演には出演最多なんですけどね。アーカイブありますのでぜひご覧ください(宣伝)

▼さて今回、オレンヂスタは色んなところで新境地に挑戦しています。
思えば過去のヂスタ作品では、
大根で人を殴ったり、
女体盛りしたり、
犬をチェーンソーで解体したり、
精霊王を召喚したり、
世界の終わりを待ち望んだり、
ゴスロリ男子が支配者たちと戦ったり、
宇宙が爆発してメキシコだけが残ったり、
それはもうエロ!グロ!ポップ!なことを色々ヤってまいりました。

▼そんなオレンヂスタの新境地って何なんだ…
と思われるかもしれませんが、『白黒つかない』の舞台は小さな広告代理店です。
登場人物も全員ふつうのサラリーマンです。
アイドルは踊らないし、ギターも壊さないし、連続殺人も起こりません。

でも、朝起きて、昼働いて、夜帰る、そんな平凡な人間の平凡な日常は意外とエロチックで、
思っていたよりもグロテスクで、そしてとってもポップなのです。

▼今回も大変豪華な客演さんたち&強力なスタッフ陣をお迎えし、オレンヂスタは日々前進中です!
七ツ寺で、そして大阪で、あなたをお待ちしております。
乞うご期待。

▼それにしても、「社会人」って何ですかね?


伊藤文乃(俳優)
【主な参加作品】
『音速カタツムリ( 再)』エミリー役
『犬殺しターくんと非実在チーちゃん』的矢海音役 他
『サ×× ド・オブ・ミュージック』土門カオ役

 おまいら真面目かっ!!vol.6 - 今月の担当:今津知也(俳優) 

稽古場写真6
写真:『白黒つかない』ダンスレッスン!スタッフも踊る?!

オレンヂスタ、
旗揚げから今まで。
そして新作に向けて。


▼オレンヂスタとの最初の思い出は2006年の4月、まだ十代だった頃。
ニノキノコスターに「役者として出てくれないか」と言われたことかと思う。
脚本執筆前の段階、公演に参加するメンバーも決まっていない状態で演出家に「使いたい」と言われたのは初めてのことで、嬉しかったのをよく覚えている。
この公演は名古屋大学劇団新生のメンバーを中心としたユニット公演だった。

▼それから約三年後、
オレンヂスタが劇団として再び立ち上がるということで声をかけられフリーの役者として参加。
それ以降は団員として多くの作品に出演。

▼と、劇団化してから五年、最初の思い出から数えると八年。
なかなか長い付き合いになりますね。
長編短編合わせるともう一体何本の作品に携わってきたのか。
数えてみた。十四本。なんか抜けてるかもしれないです。
思ったより多いような少ないような。
でもこれだけの作品があればそれだけ思い出もあるわけで。
やっぱいろんなことがありました。

▼オレンヂスタの俳優たちはオレンヂスタ以外にも客演として活躍の場を広げるようになり、
お互い刺激を与えています。
自分自身もオレンヂスタに所属してからの五年で様々な劇団さんにお世話になりました。数えない。
そしてオレンヂスタの本公演が一年半ぶりということで、一緒にやるのも久しぶり。
この一年半の間にはそれぞれさぞいろいろなことがあったでしょう。
方向性の違いもあるでしょう。
そんなことも受け止めながら新作の稽古がんばってます。

本番まで二ヶ月、まだどうなるのか誰にもわからない
『白黒つかない』。



今津知也(俳優)
【主な参加作品】
『煉獄赤提灯午前三時』都井睦夫役
『SCHOOL GIRL BYEBYE』淳也役
『犬殺しターくんと非実在チーちゃん』般若村千里役

 おまいら真面目かっ!!vol.5 - 今月の担当:佐藤裕二(俳優) 

月刊ヂスタvol.5稽古風景
写真:次回本公演『白黒つかない』稽古中!ここからどう変わる!?

つながりと客演とわたし

▼じめじめとした過ごしにくい季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。
丁度去年の今頃鍋いっぱいのカレーをカビさせました。この時期2日目のカレーは危険です。
【2日目のカレーは危険です。】
食中毒にお気をつけて。どうも、オレンヂスタ 佐藤です。

▼僕がオレンヂスタに入るきっかけとなったのは、
フリーの時、知人に客演を探している処無いかなぁ、と相談したら、
オレンヂスタを紹介され、第参戒公演「臨界突破 ボルチニコフ」に客演として参加した事でしたが、
実はRe: 旗揚げ公演の「ぜつぼうこうじょう」を見てここの舞台に出たいと思っていました。
紹介してくれた知人には絶大な感謝をしてます。「ありがとう」

▼ちなみにオレンヂスタでは本番体制時以外でも自主練と称して、
劇団員が客演やワークショップなどで経験した考え方や演技方式、ストレッチ、身体訓練などを
他の団員にフィードバックし、それぞれに合った訓練を模索してます。
また時々音響や照明、舞台の知識の講習などもしています。
役者だってそういう知識は必要ですね。

▼今のオレンヂスタは次の本公演に向けて稽古が始まった処です。
個性豊かな役者の演技をお楽しみに。


佐藤裕二(俳優)
【主な参加作品】
『臨界突破ボルチニコフ』パン屋弟子役
『ノーナイ・パンクス(再)』手嶋/毒原役
『家族ノオト』父役

 おまいら真面目かっ!!vol.4 - 今月の担当:谷本英一(スタッフ) 

月刊ヂスタvol4稽古風景
写真:12ヶ月連続Ustream公演(3月)のアフタートーク


オレンヂスタ
完熟期、晩生期?
まだまだ成長期!!



最近はかなり暑くなってきましたね。
皆さんこんにちわ、オレンヂスタ放送部の谷本英一です。
以前は音響を行うことが多かったのですが、最近は映像記録、映像配信、公演体制の運営に関わることがメインになってきました。

オレンヂスタとの関わりは古く、旗揚げ公演からほぼ全ての公演に関わっています。
12ヶ月連続USTREAM公演には全て参加しました。
この公演は、オレンヂスタの中でおそらく一番無謀な挑戦だったと思います。

このとき私は主に、
・映像配信方法の勉強
・映像・音響機材の準備
・オペレーターの手配
などを担当しました。

毎月、内容によって使う機材の種類、カメラ台数、オペレーター等が変わるので、それに伴う出費に関しても・・・苦労しました。
最近は他団体の公演記録を撮影することも多いです。揃えた機材の元を取る日は絶望的に遠そうです・・・。


オレンヂスタとの出会いというか、ニノキノコスター(以下ニノ)との出会いはまだニノが浪人生の頃までさかのぼります。
13、4年のつきあいです。あの頃はまさかこんなにも長く関わることになるとは、ニノも思ってなかったでしょうが。。。


当時の事としては、同年代で一緒に芝居をやってきた仲間が立ち上げた『桜姫のお遊戯草子』という劇団の思い出が大きいです。
私自身も、所属する学生劇団のプレゼンツ公演を立ち上げたりしました。
先の事は分かりませんが、オレンヂスタも皆様の記憶の片隅に残る団体になるといいですね。よい意味で^^;

 おまいら真面目かっ!!vol.3 - 今月の担当:山田電機(スタッフ) 

稽古場写真
写真:基礎稽古の一場面。マダム先生の特別レッスン!


オレンヂスタは止まらない!
これが僕の生きる道!



ゴールデンウイークも終わり五月病になりそうな中、いかがお過ごしでしょうか?
どうも、オレンヂスタでスタッフをやっている山田電機と申します。

僕はオレンヂスタで、役者やスタッフのサポートと舞台裏での総合的なサポートをしております。
ここで「決まった役職ねーのかよ!」と思う方もいらっしゃるでしょう。
僕の仕事は特殊で、普通の役職に当てはめられないのです。
オレンヂスタは変化の激しい舞台が多く、音響照明だけでなく衣装や小道具、舞台装置までもが大きく入れ替わり、役者も多く出ハケします。
そのため舞台裏は役者だけでどうしようもない事が多くありますが、それをどうにかするのが僕の仕事です。
着替えのサポートや小道具の用意・受け渡し、出ハケ口の開閉、舞台装置の転換と、挙げていくと数え切れません。
あなたの観てきたオレンヂスタの舞台、実は全部僕が裏にいたのです!
そんな訳で決まった役職名こそありませんが、僕はオレンヂスタで僕にしかできない仕事をしております。

僕がニノさん達やオレンヂスタと初めて関わったのは、大学生の時でした。
RE:旗揚げ公演の「ぜつぼうこうじょう」でお手伝いをしたのがきっかけでその時から舞台裏に入り、その後の公演も毎回関わっていました。
たまに役者もやらせてもらいました。その縁で、大学卒業後からオレンヂスタに入団して活動しております。

オレンヂスタは、現在ニノさんが外部に出て脚本家・演出家としての勉強をしております。
各役者やスタッフも、劇団内に留まらない精力的な活動をしています。
秋の本公演は、今までとまた違うものをお見せできると思います。
このようにオレンヂスタは挑戦し続け、立ち止まらずに活動を続けております。
僕も今回の公演では、今までと違ったものに挑戦します…!是非ともお楽しみに!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。