スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 月刊ヂスタvol.2(2014年4月)  

月刊ヂスタ vol.2
月刊ヂスタ vol.2


▼記事はテキストで読むことも出来ます!
おまいら真面目かっ!!vol.2 - 今月の担当:浦麗(俳優)
ニノキノコスターのこの物語はフィクションです!! - 土地の差が力量の差?の巻
ぐりこの制作手帖 - その②「宣伝美術」
スポンサーサイト

 おまいら真面目かっ!!vol.2 - 今月の担当:浦麗(俳優)  

月刊ヂスタ4月写真
写真:基礎稽古の1 シーン。奪い合われる山田!


出会いと挑戦の春。
オレンヂスタも春 真っ盛りです!



ぽかぽかよい陽気または菜種梅雨のシトシト、みなさま花粉症はどうですか?
まったく花粉症には縁がないオレンヂスタの浦麗です。本名です。
春はうららか、から命名された通り今月4月が誕生月で、
あたらしいとしをことしもオレンヂスタのメンバーとして迎えることになりました。


オレンヂスタをかつて観てくださったかた、まだこれから…というかた。
わたし浦麗はオレンヂスタでは主に俳優、また会計を任されております。

ニノキノコスターと日々稽古場で、作品をどのようによりよくすべきか、
話しあい、挑戦し、修正する、という地道な作業をコツコツするのが
主な俳優としての仕事です。

会計としてはお金の管理をコツコツしています。
つまり、いつもコツコツしています。


ニノキノコスターとはまだ成人するかしないか、からのつきあいですが、
作品作りの現場でお互いの新しい部分を新発見するなど、
いつも新鮮な気持ちで向かい合っています。
あと彼女とはよくのみに行きます。
のみに行くと芝居の話をしますが、彼女のアイディアにはいつもウキウキしてしまいます。


そんなニノキノコスター含むほかのメンバーと、今挑戦しているのが、
毎週の基礎稽古です。
毎週メンバーと、
「演劇論の解釈をする」「インプロワークに取り組む」「肉体訓練の効果的な方法」など、
様々な挑戦をしています。


そして基礎稽古には、毎週素敵なゲストさんが参加してくださってます。
オレンヂスタの基礎稽古には、どなたでも参加していただけます。
興味をもってくださったかたは、オレンヂスタの公式HPにてお問い合わせください。

春は出会いの季節、今までお会いしたことのないみなさまに、
オレンヂスタメンバー一同、出会えるのを楽しみにしています。


春のホンワカに負けないガッツリした作品を作るため、
メンバー一同精進してまいります!
みなさまの春が、すてきなものになりますように!



愛をこめて、浦麗。



 ニノキノコスターのこの物語はフィクションです!! - 土地の差が力量の差?の巻  

先日、大阪の方に聞いてみました。

「東京と大阪の違いは何ですか?」
「色々あるけど、俳優の力量ですかねぇ」


そ、それは頻繁に大阪へ通っている私からすると、大阪と名古屋との間にも……

え? 作演の力量の差? う、うるせぇ!


もちろんベテラン勢は土地関係なく上手いです。
となると若手俳優の差=演劇人口の差? 教育機関の差?

個人的には、五感の活用・焦点の合わせ方等を
単純に「知識」として知らないだけな気もするので、
うーん、やはり教育の差なのでしょうか。

青少年育成機関でもある大阪・芸術創造館、劇場が演劇人を育む三重・津あけぼの座などの動向を知ると、
名古屋にも「ココ」という教育拠点が欲しいなぁと思いつつも、
最近、実は文化小劇場が多数の講座を開いている、という事実を知りました。

Oh! 情報過多時代は自ら情報を掴み取らねばならぬ戦国時代ィ!
少し受信をサボった途端、即死ィ!

あーあ。ワークショップは点を線にする良い機会なのに、
ホントやらかしノコスターですよホント。



というワケで(?)しばらく大阪に滞在してきます(客演情報参照)!

デス電所や空の驛舎のベテラン勢の演技を間近で見放題!
機会が無いなら自分で創れよホトトギス!

……まぁ結局は土地の差ではなく個々の行動の差なのかもしれませんねぇ。


え? 作演の力量の差? う、うるせぇ!



(ニノキノコスター)

 ぐりこの制作手帖 - その②「宣伝美術」  

制作の仕事といえばコレ!
真っ先にお客様の手に届く作品の一部・チラシを作るお仕事です。
オレンヂスタではニノキノコスター・私・時々伊藤文乃で
「オレンヂスタ美術部」として担当しています。


宣伝美術はチラシだけでなく、webや販売グッズ・企画書・受付美術など、
舞台上以外で人目に触れるすべてに関わるもの。
劇場に足を運ばなかった人には、宣伝美術のイメージ=作品や団体のイメージとして残る、

作品の「顔」です。

しかもデザインするときはまだ作品は出来上がっていないのが当たり前!
作品のイメージを的確に表現できているか、もんもんと作成しています。

外部のデザイナーさんに頼む場合も多いですが、
できれば継続してお願いできる人に、
団体として作品としてどんな印象をどんな人に伝えたいか、
しっかり共有してイメージを作っていくことをオススメします。

(オレンヂスタ美術部でもご依頼承ります!!)


(佐和ぐりこ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。